閉じる
閉じる
閉じる
  1. 神の言葉を伝える重要な天使【ガブリエル】
  2. 女性を惑わす人間嫌いの悪魔【ベルフェゴール】
  3. 邪神から呪術の邪神になったバビロニアの神【マルドゥク】
  4. イスラム教の伝承に登場する邪神【イフリート】
  5. エメラルドの翼をもつイスラム教の天使【ミーカール】
  6. 人間の色欲や情欲をあやつる堕天使【アスモデウス】
  7. 人間関係に影響を及ぼす邪神【アモン】
  8. 3つの頭をもつ勇猛な統率者【バエル】
  9. ミカエルとともに戦った天使の軍団長【サンダルフォン】
  10. もともと人間だった天界随一の能力をもつ天使【メタトロン】
閉じる

神さまネット

神功皇后となった武の女神・聖母神、オキナガタラシヒメノミコト

オキナガタラシヒメノミコトに関係する事柄

オキナガタラシヒメは、武の女神、聖母神。夫である仲哀天皇が亡くなった後、住吉三神の力を借り、自ら兵を率いて朝鮮半島に遠征、新羅という国を平定した。この武勇伝から「武の女神」とされる。
この遠征の途中、オキナガタラシヒメは出産しそうになった。しかし、神のお告げ通り腰に2つ石を巻きつけ出産を遅らせたという。その子は帰国後に無事生まれ、後に応神天皇となった。神の子とされる天皇を生み育てたことから、聖母神ともされる。つまり、武の女神と聖母という二面性をもっているのだ。
仲哀天皇の皇后で、神功皇后とも呼ばれるが、実在は疑わしく、伝説上の皇后とされている。

オキナガタラシヒメノミコトの別名

神功皇后

オキナガタラシヒメノミコトの司る事柄

安産・子育て、厄除け、家内安全など

オキナガタラシヒメノミコトを祀る神殿

香椎宮(福岡県)

住吉大社(大阪府)

オキナガタラシヒメノミコトの逸話

鎮懐石の伝承

オキナガタラシヒメノミコトと関係の深い神様

住吉三神
誉田別尊

created by Rinker
¥1,540 (2020/10/30 03:48:44時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

  1. 魔除けの力をもつオオヤマクイの使い、マサル

  2. 神の座を奪おうとした堕天使【ルシファー】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る