閉じる
閉じる
閉じる
  1. 全ての木々を勢いよく育てる生命力の源の神、ククノチノカミ
  2. 応神天皇として日本の政治・文化の基礎をつくった神、ホンダワケノミコト
  3. 神功皇后となった武の女神・聖母神、オキナガタラシヒメノミコト
  4. アマテラスとヤマトタケルの霊力が込められた剣の神霊、アツタノオオカミ
  5. 身を捧げてヤマトタケルを助けた純愛の女神、オトタチバナヒメノミコト
  6. 大災害をもたらす風の男神と女神、アメノミハシラノミコト・クニノミハシラ…
  7. 桃太郎伝説のモデルとされる軍神、キビツヒコノミコト
  8. 地方豪族を平定した悲劇の英雄神、ヤマトタケルノミコト
  9. 神の言葉を伝え、三輪山の祭司を務めた女神、ヤマトトトヒモモソヒメノミコ…
  10. カムヤマトイワレビコに大和国をゆずった神、ニギハヤヒノミコト
閉じる

神さまネット

食べ物の神から万能の神へ、ウカノミタマノカミ

ウカノミタマノカミに関係する事柄

食べ物の神の代表で、名前の「ウカ」は食べ物をを表す。「倉稲魂」とも書き、特に稲や穀物を司る。
ウカノミタマは、稲荷神ともされ、神使の狐とともに、「お稲荷さん」とも呼ばれて親しまれている。
稲荷神は、もともとは京都の豪族秦氏がまつる農業の守り神だった。やがて稲荷神の信仰が広がるにつれ、平安時代に、同じ食べ物の神であるウカノミタマと結びついたと考えられている。
その後、商業や工業が発達するとさまざまな産業の守り神にもなった。江戸時代には、都市の路地裏や家の庭などに小さな社が沢山建てられ、生活すべての願いを叶える万能の神として、全国へ広まった。稲荷神をまつる神社は、全国に3万以上あるといわれ、日本でトップクラスの数をほこる

別名

稲荷神、倉稲魂命

司る事柄

五穀豊穣、産業隆盛、商売繁盛、家内安全、芸能など

祀る神殿

伏見稲荷大社(京都府)

祐徳稲荷神社(佐賀県)

逸話

神生み、お稲荷さん

関係の深い神様

須佐乃男命
神大市比売命

関連記事

  1. アマテラスを引っ張り出した怪力の神、アメノタヂカラオノミコト

  2. ニニギノミコト(邇邇芸命)

  3. 「八咫の鏡」を作った金属加工の女神、イシコリドメノミコト

  4. 月の霊力を示すアマテラスの弟神、ツキヨミノミコト

  5. 生命力が宿る国土形成の神、クニノトコタチノカミ

  6. アマテラスとヤマトタケルの霊力が込められた剣の神霊、アツタノオオ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る