閉じる
閉じる
閉じる
  1. 全ての木々を勢いよく育てる生命力の源の神、ククノチノカミ
  2. 応神天皇として日本の政治・文化の基礎をつくった神、ホンダワケノミコト
  3. 神功皇后となった武の女神・聖母神、オキナガタラシヒメノミコト
  4. アマテラスとヤマトタケルの霊力が込められた剣の神霊、アツタノオオカミ
  5. 身を捧げてヤマトタケルを助けた純愛の女神、オトタチバナヒメノミコト
  6. 大災害をもたらす風の男神と女神、アメノミハシラノミコト・クニノミハシラ…
  7. 桃太郎伝説のモデルとされる軍神、キビツヒコノミコト
  8. 地方豪族を平定した悲劇の英雄神、ヤマトタケルノミコト
  9. 神の言葉を伝え、三輪山の祭司を務めた女神、ヤマトトトヒモモソヒメノミコ…
  10. カムヤマトイワレビコに大和国をゆずった神、ニギハヤヒノミコト
閉じる

神さまネット

ニニギノミコト(邇邇芸命)

天孫降臨の主人公、稲作をもたらし天皇家の祖先とされる神

天照大神の孫で、地上に稲作をもたらした神。
名前の由来として、稲穂が豊作に実っている」という事を表している。
邇邇芸命は葦原中国(あしはらなかつくに)を治めるため、天照大神より三種の神器(草薙の剣/八咫鏡/八尺瓊勾玉)を授かり、高天原にて栽培した神聖なる稲穂を手に地上へ天孫降臨を果たした。

現在の宮崎県の高原町にある高千穂峰に降り立ったとされている邇邇芸命は、その後、木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)と夫婦の契を交わし、三人の子をもうけた。

その三人の子の内の一人「彦火火出見(ひこほほでみ)」の孫にあたる人物が神武天皇とされている。この経緯から、邇邇芸命は天皇家の祖先とされており、三種の神器も天皇の証とされた。

邇邇芸命に関係する事柄

ニニギノミコトの別名

アメニギシクニギシアマツヒコヒコホノニニギノミコト

司る事柄

五穀豊穣、豊作、家内安全、厄除け

祀る神殿

霧島神宮

新田神社

高千穂神社

逸話

天孫降臨、三種の神器

関係の深い神さま

天照大神、木花咲耶姫、神武天皇

関連記事

  1. 高天原の軍事力を示す「正義の剣」の神、タケミカヅチノミコト

  2. 大災害をもたらす風の男神と女神、アメノミハシラノミコト・クニノミ…

  3. 神の言葉を伝えるお告げの神、コトシロヌシノミコト

  4. 海の彼方からやってきた「福の神」、ヒルコノミコト

  5. 神の言葉を伝え、三輪山の祭司を務めた女神、ヤマトトトヒモモソヒメ…

  6. アマテラスの頼みでまつられた女神、トヨウケノオオカミ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る