閉じる
閉じる
閉じる
  1. 神の言葉を伝える重要な天使【ガブリエル】
  2. 女性を惑わす人間嫌いの悪魔【ベルフェゴール】
  3. 邪神から呪術の邪神になったバビロニアの神【マルドゥク】
  4. イスラム教の伝承に登場する邪神【イフリート】
  5. エメラルドの翼をもつイスラム教の天使【ミーカール】
  6. 人間の色欲や情欲をあやつる堕天使【アスモデウス】
  7. 人間関係に影響を及ぼす邪神【アモン】
  8. 3つの頭をもつ勇猛な統率者【バエル】
  9. ミカエルとともに戦った天使の軍団長【サンダルフォン】
  10. もともと人間だった天界随一の能力をもつ天使【メタトロン】
閉じる

神さまネット

オオクニヌシの国造りを助けた小さな神、スクナヒコナノミコト

[itemlink post_id=”234″]

スクナヒコナノミコトに関係する事柄

オオクニヌシとともに地上の「国づくり」を進めた小さな神。「少」とは「小さい」という意味だ。
スクナヒコナは蛾の皮のコートを羽織り、小舟に乗って海の彼方の常世の国から出雲国のオオクニヌシのもとへやってきた。そして親神のカミムスビの義兄弟となりくにづくりを助けるように命じられた。
スクナヒコナは、オオクニヌシと各地を周り、川や農地を開発して農業を教え、医療などを広めた。そのため、農業や医療の神とされる。
そうして、小さくても元気いっぱいにオオクニヌシを助けた。しかし、国づくりの完成直前、粟の茎にはじかれて常世の国へ帰ってしまった。

スクナヒコナノミコトの別名

少名毘古那神

スクナヒコナノミコトの司る事柄

疫病除け、国土安穏、産業開発、縁結び、漁業・公開守護など

スクナヒコナノミコトを祀る神殿

少彦名神社(大阪府)

酒列磯崎神社(茨城県)

スクナヒコナノミコトの逸話

国づくり、一寸法師

スクナヒコナノミコトと関係の深い神様

大国主命
[itemlink post_id=”233″]

関連記事

  1. 地方豪族を平定した悲劇の英雄神、ヤマトタケルノミコト

  2. 作物に育つ力を与える神、ワクムスビノカミ

  3. 出産を見守る箒の神、ヤノハハキノミコト

  4. 海の全てを司る神、オオワタツミノカミ

  5. ものを生み出す霊力をもつ神 タカミムスビノカミ

  6. スサノオと結婚した稲田の女神、クシナダヒメノミコト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る