閉じる
閉じる
閉じる
  1. 悪魔の公爵、ソロモン72柱の一人「アガレス」
  2. 哲学や降霊術にくわしい地獄の公爵【ムールムール】
  3. 知識や使い魔を与える地獄の伯爵【モラクス】
  4. 信心深い者に救いを与える【ザドキエル】
  5. 妊婦や子供を襲う、夜の魔女【リリス】
  6. 愛と調和を司る天使【ハニエル】
  7. 「不都合な真実」を暴く悪魔【アガリアレプト】
  8. 女性を意のままに操る悪魔【サタナキア】
  9. 治癒を司る守護天使のリーダー【ラファエル】
  10. 疫病を発生させる「蝿の王」【ベルゼブブ】
閉じる

神さまネット

神の言葉を伝えるお告げの神、コトシロヌシノミコト

コトシロヌシノミコトに関係する事柄

オオクニヌシの長男でお告げの神。名前の「事」は「神の言葉」、「代」は「代理」という意味で、神の代わりに言葉を伝える存在だったともいわれる。
コトシロヌシは、「国ゆずり」のとき、父オオクニヌシから命じられ、国をゆずるべきか、カミムスビの意思を聞いた。その結果、高天原に国をゆずることが決まった。その後、コトシロヌシは海中に隠れたという。
コトシロヌシは、もともとは海からやってくる漁業や航海の守り神だったと考えられている。それに加えて釣りが好きなことから七福神の「えびす神」として祀られるこも多い。

コトシロヌシノミコトの別名

八重事代主命、えびす大神

コトシロヌシノミコトの司る事柄

海上安全、豊漁、五穀豊穣、商売繁盛など

コトシロヌシノミコトを祀る神殿

美保神社(島根県)

今宮戎神社(大阪府)

コトシロヌシノミコトの逸話

国ゆずり

コトシロヌシノミコトと関係の深い神様

大国主命
神産巣日神
七福神

関連記事

  1. 地上の国づくりをした偉大な神、オオクニヌシノミコト

  2. 地上に鍛冶技術をもたらした一つ目の神、アメノマヒトツノミコト

  3. 初代天皇と伝わる神武天皇の父神、ウガヤフキアエズノミコト

  4. 諏訪湖ゆかりの狩猟・農業・武勇の神、タケミナカタノカミ

  5. 航海の安全を守る3男神、スミヨシサンシン

  6. あらゆる災いを支配する穢れの神、オオマガツヒノカミ

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る