閉じる
閉じる
閉じる
  1. 騎士の姿で戦場の知識を授ける【エリゴス】
  2. 人間の女性に魅了され地獄に堕ちた堕天使【アザゼル】
  3. 悪魔の軍を従える冷酷非情な天使【マステマ】
  4. 子供の生贄を要求した邪神【モロク】
  5. ゾロアスター教における最高位の邪神【アンラ・マンユ】
  6. 「善」にもとづいて生命を創造する天使【スプンタ・マンユ】
  7. 黒山羊の頭、黒い翼をもった悪魔【バフォメット】
  8. 「ディアボロス」の別名がある博識な邪神【アスタロト】
  9. 燃え盛る炎に包まれた智天使のリーダー【ケルビエル】
  10. 熾天使をまとめる巨大な光の天使【セラフィエル】
閉じる

神さまネット

身を捧げてヤマトタケルを助けた純愛の女神、オトタチバナヒメノミコト

created by Rinker
¥9,240 (2020/10/19 17:23:25時点 Amazon調べ-詳細)

オトタチバナヒメノミコトに関係する事柄

自分の命と引換えに夫であるヤマトタケルの危機を救った純愛の女神。ヤマトタケルが東国遠征中に房総半島へ渡ろうとすると、海が荒れて船が進まなくなった。同行していたオトタチバナヒメは「私の命を捧げて海神の心を鎮めましょう」と海中に身を投じた。すると、海が静まってヤマトタケルは対岸に渡ることができた。その後、ヤマトタケルは足柄山で「ああ、吾が妻よ」と亡き妻を偲んだ。それから東国のことを「あづま」と呼ぶようになったという。
古代には、海や水の神を祀る巫女が神の妻になるために入水するという信仰があった。オトタチバナヒメも、そうした巫女的な存在だったとも考えられている。

オトタチバナヒメノミコトの別名

吾妻大明神

オトタチバナヒメノミコトの司る事柄

出生開運、商売繁盛、縁結びなど

オトタチバナヒメノミコトを祀る神殿

橘樹神社(千葉県)

走水神社(神奈川県)

オトタチバナヒメノミコトの逸話

東国遠征

オトタチバナヒメノミコトと関係の深い神様

大和武尊

関連記事

  1. 海の全てを司る神、オオワタツミノカミ

  2. 山海の恵みをもたらし暮らし豊かにする神、ヒコホホデミノミコト

  3. ものを生み出す霊力をもつ神 タカミムスビノカミ

  4. 応神天皇として日本の政治・文化の基礎をつくった神、ホンダワケノミ…

  5. スサノオと結婚した稲田の女神、クシナダヒメノミコト

  6. カムヤマトイワレビコに大和国をゆずった神、ニギハヤヒノミコト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る