閉じる
閉じる
閉じる
  1. 神の言葉を伝える重要な天使【ガブリエル】
  2. 女性を惑わす人間嫌いの悪魔【ベルフェゴール】
  3. 邪神から呪術の邪神になったバビロニアの神【マルドゥク】
  4. イスラム教の伝承に登場する邪神【イフリート】
  5. エメラルドの翼をもつイスラム教の天使【ミーカール】
  6. 人間の色欲や情欲をあやつる堕天使【アスモデウス】
  7. 人間関係に影響を及ぼす邪神【アモン】
  8. 3つの頭をもつ勇猛な統率者【バエル】
  9. ミカエルとともに戦った天使の軍団長【サンダルフォン】
  10. もともと人間だった天界随一の能力をもつ天使【メタトロン】
閉じる

神さまネット

応神天皇として日本の政治・文化の基礎をつくった神、ホンダワケノミコト

[itemlink post_id=”350″]

ホンダワケノミコトに関係する事柄

「八幡様」として親しまれている文武の神。オキナガタラシヒメの子で、のちに応神天皇となった。神社ではホンダワケという名前で祀られるが多い。
ホンダワケは歴史上、実在した最初の天皇だとする説もある。天皇を務めていた4世紀末、東国平定や朝鮮半島への進出などによって大和朝廷は大きく発展した。ホンダワケは、中国の文化を積極的に取り入れ、日本文化の基礎を築いたとされる。
のちにホンダワケは、八幡神として祀られ、鎌倉幕府を開いた源氏が守り神とした。鎌倉時代、中国大陸を支配する元という国の軍勢が日本へ攻めてきた時、暴風雨が起きて元軍の200もの船が沈んだ。これは八幡神がおこした「神風」とされ、武神としての名が高まった。

ホンダワケノミコトの別名

応神天皇、八幡神

ホンダワケノミコトの司る事柄

国家鎮護、教育・縁結び、悪病除けなど

ホンダワケノミコトを祀る神殿

宇佐神宮(大分県)

ホンダワケノミコトの逸話

東国平定、朝鮮半島への進出

ホンダワケノミコトと関係の深い神様

息長足姫命
[itemlink post_id=”392″]

関連記事

  1. ニニギノミコト(邇邇芸命)

  2. ニニギの道案内をした天狗の元祖、サルタヒコノミコト

  3. 大晦日にやってきて幸せをもたらす豊作の神、オオオトシノカミ

  4. とびぬけて物知りな案山子の神、クエビコノカミ

  5. 高天原を追放され、出雲国の英雄になった、スサノオノミコト

  6. あらゆる災いを支配する穢れの神、オオマガツヒノカミ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る