閉じる
閉じる
閉じる
  1. 騎士の姿で戦場の知識を授ける【エリゴス】
  2. 人間の女性に魅了され地獄に堕ちた堕天使【アザゼル】
  3. 悪魔の軍を従える冷酷非情な天使【マステマ】
  4. 子供の生贄を要求した邪神【モロク】
  5. ゾロアスター教における最高位の邪神【アンラ・マンユ】
  6. 「善」にもとづいて生命を創造する天使【スプンタ・マンユ】
  7. 黒山羊の頭、黒い翼をもった悪魔【バフォメット】
  8. 「ディアボロス」の別名がある博識な邪神【アスタロト】
  9. 燃え盛る炎に包まれた智天使のリーダー【ケルビエル】
  10. 熾天使をまとめる巨大な光の天使【セラフィエル】
閉じる

神さまネット

雷神を操る京都の守護神、カモワケイカヅチノカミ

カモワケイカヅチノカミに関係する事柄

京都の賀茂別雷神社の祭神として有名な雷除けの神。名の「別雷」は「雷を分ける」という意味で、雷神の上にたってこれを操るという。
約1450年前、日本中で天気が乱れて不作になり、人々の生活が苦しくなった。天皇が占わせると、カモワケイカヅチのたたりだとわかった。そこで盛大に祀ったところ、天気の乱れがおさまり、豊作になったという。これが、京都の葵祭の始まりとされる。
それ以来、雨乞いや治水、農業の神として信仰を集めた。その後、桓武天皇が平安京に都を移し、この神を京都の守り神とした。そのため、朝廷からあつく信仰され、日本全土の守り神となった。

カモワケイカヅチノカミの別名

加茂大神

カモワケイカヅチノカミの司る事柄

厄除け・開運、祈雨、河川、農産業など

カモワケイカヅチノカミを祀る神殿

賀茂別雷神社(京都府)

賀茂神社(栃木県)

カモワケイカヅチノカミの逸話

平安京の守り神

カモワケイカヅチノカミと関係の深い神様

大山咋神
玉依比売命

関連記事

  1. 地方豪族を平定した悲劇の英雄神、ヤマトタケルノミコト

  2. 地上の国づくりをした偉大な神、オオクニヌシノミコト

  3. オオクニヌシと結婚し夫の危機を救った女神、スセリビメノミコト

  4. 生命力が宿る国土形成の神、クニノトコタチノカミ

  5. 陶器業と農業を守る土の女神、ハニヤマヒメノミコト

  6. ニニギのお供として地上へ降りた門の神、アメノイワトワケノミコト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る