閉じる
閉じる
閉じる
  1. 悪魔の公爵、ソロモン72柱の一人「アガレス」
  2. 哲学や降霊術にくわしい地獄の公爵【ムールムール】
  3. 知識や使い魔を与える地獄の伯爵【モラクス】
  4. 信心深い者に救いを与える【ザドキエル】
  5. 妊婦や子供を襲う、夜の魔女【リリス】
  6. 愛と調和を司る天使【ハニエル】
  7. 「不都合な真実」を暴く悪魔【アガリアレプト】
  8. 女性を意のままに操る悪魔【サタナキア】
  9. 治癒を司る守護天使のリーダー【ラファエル】
  10. 疫病を発生させる「蝿の王」【ベルゼブブ】
閉じる

神さまネット

インドからやってきた海の神、コンピラシン

コンピラシンに関係する事柄

「コンピラサン」として親しまれる航海・漁業の神。もともとは、インドの川に住むワニの神「クンピーラ神」だといわれている。仏教を守る十二神将の一人「宮毘羅大将」ともされる。
日本ではワニ(サメ)が海の神と関係が深かったので、クンピーラ神を海の神「金比羅神」として祀るようになったと考えられている。
この神をまつる金刀比羅宮は香川県の象頭山(琴平山)にある。この山は昔から瀬戸内海を通る船の目印とされてきた。そのため、金比羅神は航海・漁業の神として信仰を集めた。江戸時代にはこんぴら参りが大流行して各地から人々が押し寄せ、農村では雨乞いの神とされた。
様々願いをかなえる神として、今も多くの人がお参りしている。

コンピラシンの別名

金毘羅大権現

コンピラシンの司る事柄

農漁業・航海守護、雨乞い、金運、商売繁盛など

コンピラシンを祀る神殿

金刀比羅宮(香川県)

コンピラシンの逸話

金毘羅信仰

コンピラシンと関係の深い神様

十二神将
ガンガー

関連記事

  1. 高天原の軍事力を示す「正義の剣」の神、タケミカヅチノミコト

  2. 潮をよみ塩作りを伝えた海の神、シオツチノオジノカミ

  3. 大晦日にやってきて幸せをもたらす豊作の神、オオオトシノカミ

  4. 桜の花の美しさと儚さを象徴する女神、コノハナサクヤヒメノミコト

  5. 高天原を追放され、出雲国の英雄になった、スサノオノミコト

  6. 恵みの雨を降らせる雨乞いの女神、タカオカミノカミ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る