閉じる
閉じる
閉じる
  1. 騎士の姿で戦場の知識を授ける【エリゴス】
  2. 人間の女性に魅了され地獄に堕ちた堕天使【アザゼル】
  3. 悪魔の軍を従える冷酷非情な天使【マステマ】
  4. 子供の生贄を要求した邪神【モロク】
  5. ゾロアスター教における最高位の邪神【アンラ・マンユ】
  6. 「善」にもとづいて生命を創造する天使【スプンタ・マンユ】
  7. 黒山羊の頭、黒い翼をもった悪魔【バフォメット】
  8. 「ディアボロス」の別名がある博識な邪神【アスタロト】
  9. 燃え盛る炎に包まれた智天使のリーダー【ケルビエル】
  10. 熾天使をまとめる巨大な光の天使【セラフィエル】
閉じる

神さまネット

インドからやってきた海の神、コンピラシン

created by Rinker
¥3,080 (2020/10/20 13:23:50時点 Amazon調べ-詳細)

コンピラシンに関係する事柄

「コンピラサン」として親しまれる航海・漁業の神。もともとは、インドの川に住むワニの神「クンピーラ神」だといわれている。仏教を守る十二神将の一人「宮毘羅大将」ともされる。
日本ではワニ(サメ)が海の神と関係が深かったので、クンピーラ神を海の神「金比羅神」として祀るようになったと考えられている。
この神をまつる金刀比羅宮は香川県の象頭山(琴平山)にある。この山は昔から瀬戸内海を通る船の目印とされてきた。そのため、金比羅神は航海・漁業の神として信仰を集めた。江戸時代にはこんぴら参りが大流行して各地から人々が押し寄せ、農村では雨乞いの神とされた。
様々願いをかなえる神として、今も多くの人がお参りしている。

コンピラシンの別名

金毘羅大権現

コンピラシンの司る事柄

農漁業・航海守護、雨乞い、金運、商売繁盛など

コンピラシンを祀る神殿

金刀比羅宮(香川県)

コンピラシンの逸話

金毘羅信仰

コンピラシンと関係の深い神様

十二神将
ガンガー

created by Rinker
古樹軒
¥1,080 (2020/10/20 14:32:43時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

  1. 桃太郎伝説のモデルとされる軍神、キビツヒコノミコト

  2. 地方豪族を平定した悲劇の英雄神、ヤマトタケルノミコト

  3. 日本の神々を支配する太陽の女神、アマテラスオオミカミ

  4. 応神天皇として日本の政治・文化の基礎をつくった神、ホンダワケノミ…

  5. 野に茂るすべての緑を司る野の女神、カヤノヒメノカミ

  6. アマテラスとヤマトタケルの霊力が込められた剣の神霊、アツタノオオ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る