閉じる
閉じる
閉じる
  1. 地方豪族を平定した悲劇の英雄神、ヤマトタケルノミコト
  2. 神の言葉を伝え、三輪山の祭司を務めた女神、ヤマトトトヒモモソヒメノミコ…
  3. カムヤマトイワレビコに大和国をゆずった神、ニギハヤヒノミコト
  4. 大和朝廷の初代天皇と伝えられる神、カムヤマトイワレビコ
  5. 初代天皇と伝わる神武天皇の母神、タマヨリヒメ
  6. 初代天皇と伝わる神武天皇の父神、ウガヤフキアエズノミコト
  7. 海の全てを司る神、オオワタツミノカミ
  8. 夫のヒコホホデミを海神の霊力で王にした女神、トヨタマノヒメノミコト
  9. 山海の恵みをもたらし暮らし豊かにする神、ヒコホホデミノミコト
  10. 諏訪湖ゆかりの狩猟・農業・武勇の神、タケミナカタノカミ
閉じる

神さまネット

タグ:神生み

オオワタツミノカミに関係する事柄イザナギとイザナミの「神うみ」で生まれた海の神。名前は「大きな(オオ)海(ワタ)の(ツ)神霊(ミ)」という意味だ。オオワタツミは、海の水から海に住む魚などの生き物まで、海の全てを司っている。オオワ…

トヨウケノオオカミに関係する事柄食べ物の神。名は「豊かな食」という意味で、ウカノミタマと同じとされることも多い。伊勢神宮にまつられていたアマテラスが、天皇の夢に現れ「一人はさみしいので、トヨウケを食事の調達係として呼んで欲しい」…

オオマガツヒノカミに関係する事柄オオマガツヒは名前の「禍津」が凶を表すように、あらゆる災いを支配する。黄泉の国から戻ったイザナギが、洗い落とした穢れから生まれた。この時同じ災いの神のヤソマガツヒも生まれた。昔から、穢れは不幸のものと…

ナキサワメノカミに関係する事柄イザナギが妻イザナミを亡くしてから流した涙から生まれた女神。昔、葬式のときに泣いて死者の魂を慰める「泣き女」という仕事があった。この神はその神格化と考えらている。「沢」には、泉や井戸という意味もあり…

ヒルコノミコトに関係する事柄イザナギとイザナミの「国生み」で最初に生まれた神。しかし、両親に子として認められず、舟に乗せられて海に流されてしまった。神話ではこの神のその後は語られていない。しかし、ヒルコはやがて伝説の中で復活する…

ツキヨミノミコトに関係する事柄イザナギが、黄泉の国の穢れを海水で清めたとき、右目から生まれた月の神。乱暴な性格で、もてなし方が気に入らないとして、食べ物の女神ウケモチを切り殺してしまう。太陽神である姉アマテラスは、これを聞いて怒…

ワクムスビノカミに関係する事柄食べ物の神トヨウケを娘にもち、作物に育つ力を与える穀物の神。イザナミがカグツチを生んで苦しんだときに生まれたとも、カグツチとハニヤマヒメの娘とも伝わる。この神は頭から蚕と桑、体の中から五穀を生んだという…

ウカノミタマノカミに関係する事柄食べ物の神の代表で、名前の「ウカ」は食べ物をを表す。「倉稲魂」とも書き、特に稲や穀物を司る。ウカノミタマは、稲荷神ともされ、神使の狐とともに、「お稲荷さん」とも呼ばれて親しまれている。稲荷神は、も…

タカミムスビノカミに関係する事柄アメノミナカノヌシに続いて、高天原に現れた神。名前のムスビは、ものを生み出す霊力を表し、カミムスビとともに天地を形づくった。また、名前の「タカ」は天という意味で、天上界の創造を担当したと考えられて…

カグツチノカミに関係する事柄伊邪那美命と伊邪那岐命の最後の子であり、炎の神。生まれた瞬間に伊邪那美命とを焼き殺してしまい、激昂した伊邪那岐命に首をはねられてしまう。そしてその時に飛び散った血しぶきから、雷神タケミカズチを初めとした様…

アーカイブ

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る