閉じる
閉じる
閉じる
  1. 悪魔の公爵、ソロモン72柱の一人「アガレス」
  2. 哲学や降霊術にくわしい地獄の公爵【ムールムール】
  3. 知識や使い魔を与える地獄の伯爵【モラクス】
  4. 信心深い者に救いを与える【ザドキエル】
  5. 妊婦や子供を襲う、夜の魔女【リリス】
  6. 愛と調和を司る天使【ハニエル】
  7. 「不都合な真実」を暴く悪魔【アガリアレプト】
  8. 女性を意のままに操る悪魔【サタナキア】
  9. 治癒を司る守護天使のリーダー【ラファエル】
  10. 疫病を発生させる「蝿の王」【ベルゼブブ】
閉じる

神さまネット

月を司る善悪不明瞭な天使【カスピエル】

月の守護者「カスピエル」とは

カスピエルは特殊な出典である。天使とも堕天使とも言われ、その正体は詳しくは判明していない。
カスピエルの名前には「神に閉じ込められた者」という意味があるため、このような判断をせざるを得ないとされた。
書籍「ラジエルの書」にも月界の天使としてカスピエルの名前が出現する。カスピエルは展開にある宮殿の門番も務めるとされている。

カスピエルが堕天使とも呼ばれる理由として、出典元が「悪魔学」によるものが影響している。天使なのか、堕天使なのか、その判断は我々人間には判断できない存在であると言える。

created by Rinker
¥299 (2021/10/18 16:50:06時点 Amazon調べ-詳細)

カスピエル(Caspiel)は、鬼神学の伝統におけるデーモンもしくは天使である。その名は「神に閉じ込められた」を意味し、月を司る。

ラッド博士の『天使魔術論』ではソロモン王の使役した善霊・悪霊のひとつに挙げられており、「南方を支配する偉大な皇帝」とされ、200人の大公爵と400人の小公爵を従えているとされる[1]。15世紀のドイツの聖職者トリテミウスの文献『秘密書法』に記載された精霊のひとつでもあり、昼と南を司るという。このように、よく南に関連づけられる精霊である。

ヘブライ語の『第三エノク書』に現れる天使カフシエル(Qafsiel)はカスピエル(Qaspiel)とも呼ばれ、メルカバーの幻視に至る途上の天上の第七の宮殿の門番のひとりである[2]。この天使は『天使ラジエルの書』にも月界の天使として記載されている。
Wikipediaより引用

カスピエルの出典元

ユダヤ教、悪魔学、ラジエルの書

カスピエルが司る事柄

月、月齢

関連記事

  1. 人間関係に影響を及ぼす邪神【アモン】

  2. 燃え盛る炎に包まれた智天使のリーダー【ケルビエル】

  3. 全ての悪魔をまとめる邪悪な王【サタン】

  4. 哲学や降霊術にくわしい地獄の公爵【ムールムール】

  5. 召喚者の復讐に手を貸す堕天使【アリオク】

  6. 地獄の支配者に仕える悪魔の大臣【ルキフゲ・ロフォカレ】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る